あなたは知ってる!?医師になるために今知っておかなければならないこと

医師に転職は難しい?医師免許を取るまで


医師を志す人が転職によって医師になることは、最近では少し増えているといえます。ただ、医師になるには医師免許が必要で、医師免許を取るための医師国家試験の受験は医学部卒業が要件になります。しかも、医学部では6年間(学士入学でも4年間)の学習が、卒業のためには必要です。そのため、医師の道が遠いとあきらめる人も存在するのが事実です。しかし、現在医師や薬剤師、看護師などを奨学生として募集し、学費を支出した病院に勤務することを条件に返済を免除する病院が出てきています。契約に完全に拘束されるわけでもないので、本気で医師になりたい人であれば素晴らしいと思える条件だといえます。また、サラリーマンからの転職であれば少なからず蓄えがある場合もあり、医師を目指すこと自体が現実的になっています。

医師免許をとってからの転職活動


病院から奨学金を得て、その奨学金の提供を受けた病院に勤める場合以外は、医師としての転職活動も必要になります。まず、医師免許をとってからのインターンの期間がありますが、その期間に最終的な勤務先を見つけると良いでしょう。勤務先を決めるには、専門としたい診療科とメンターとすべき先輩医師がいるところが良いといえます。特に、先輩医師から学べることが多く、医学書だけでは手に入らない経験を入手することにつながる存在です。また、医療現場の就労条件なども調べておくべきで、過酷な環境で医療を行うと患者の安全にも影響します。望むような医師になるのであれば、雇用形態はあまり気にせず、正規雇用だけではなく非常勤やアルバイトでも能力を発揮できる環境に身を置くと良いでしょう。